キャッシング用語集

あ行|か行|さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行

か行

貸金業規制法 (貸金業の規制などに関する法律)
(かしきんぎょうきせいほう)
キャッシング会社などの貸金業者に対して定められた法規制のこと。業務を規制する貸金業規制法、金利を規制する利息制限法および出資法があり、これらをまとめて「貸金業関連三法」とも呼んでいる。
貸金業協会
(かしきんぎょうきょうかい)
貸金業協会とは、貸金業規制法第25条に基づいて設立された公益法人。その地域に営業所を開設する会員貸金業者(消費者金融クレジット会社、信販会社など)、利用者(消費者、事業者)、行政(金融監督庁)を結ぶ唯一の公的機関であり、資格審査や利用者の苦情相談などを受け付けている。
貸し倒れ
(かしだおれ)
貸し倒れとは、貸したお金などが回収できなくなることです。
貸付金利
(かしつけきんり)
お金を貸し付ける際、借入元金に課される金利の割合のこと。貸付金利は金融会社によって異なるが、上限金利は年29.2%と出資法によって定められている。
貸付限度額
(かしつけきんりげんどがく)
個人が借り入れできる上限金額のこと。融資を受ける本人の年収や他の借入状況によって、金融機関が決めるケースが多い。
元金
(がんきん)
元金とは、利息を含まない、元々借り入れた金額のことです。借入金額の総額を指す場合と、元金均等返済における利息以外の部分のように、借入金額の一部分を指す場合があります。
元金均等返済
(がんきんきんとうへんさい)
元金均等返済とは、毎回一定の元金に、借入残高に対する利息をかけて、毎回の返済額とする返済方法です。返済するごとに残高が減るため、1回あたりの返済額が減っていきます。
キャッシング
(きゃっしんぐ)
キャッシングとは、クレジットカード、消費者金融などを利用してお金を借りることです。
金銭消費貸借契約
(きんせんしょうひたいしゃくけいやく)
金銭消費貸借契約とは、法律用語ですが、簡単に言えば、片方がお金を貸し、片方がお金を借りるという契約のことです。
繰上返済
(くりあげへんさい)
繰り上げ返済とは、決められた返済スケジュール通りの返済とは別に、残高の一部もしくは全部を繰り上げて返済することです。
個人信用情報
(こじんしんようじょうほう)
個人信用情報とは、お金を借りるときに信用情報機関と呼ばれる機関に登録される情報のことです。氏名、年齢等の他、借り入れに関する契約内容や返済状況などが記録されます。